5 March 2020

新たなイマーシブモード「ゴースト体験」が「ゴーストリコン ブレイクポイント」に登場

3月24日、「ゴーストリコン ブレイクポイント」に新機能「ゴースト体験」が登場します。プリセットの設定を選択することもできますし、パラメータを調整してお好みのゲーム体験を作り出すこともできます。

「ゴースト体験」の実装には多くの困難が伴いましたが、プレイヤーの皆様からオンラインフィードバックやコミュニティアンケートでご指摘をいただいてきた主要な問題点を解決するうえで、実装が不可欠であると判断しました。

昨年、デルタカンパニーのメンバー8名をパリスタジオに招待して「ゴースト体験」の初期コンセプトを体験していただき、どれほどの水準に達しているかを確認していただきました。その結果、「イマーシブ体験」は大きなポテンシャルを秘めたモードであることが判明し、大変嬉しく思いました。「ゴーストリコン」に求められる、戦略的でリアルな特殊部隊の雰囲気を再現することもできます。

何ヶ月も開発に取り組み、何回もプレイテストを行ってきました。プレイテストには、デルタカンパニーのメンバー、「ゴーストリコン ワイルドランズ」のプレイヤー、シリーズ初心者のプレイヤーなど、様々なプレイヤー層の方々にご参加いただきました。そしてこの度、ゲームへの実装準備がついに整いました。

ゴースト体験

ゲームを起動すると、2種類のプリセット設定から選択するか、あるいはオリジナルの設定を作成するかを選ぶことができます。

  • レギュラー体験:「ゴーストリコン ブレイクポイント」をリリース時のデフォルト状態でプレイします。装備レベルとレア度が有効です。
  • イマーシブ体験:全く新しいゲーム体験をお楽しみいただけます。装備レベルとレア度が削除され、新たなタクティカル設定が多数導入されます。
  • カスタム体験:様々な設定を選択して自分にピッタリのゲーム体験を作れます。

GRB GE Custom

自分だけのゴースト体験を作成

プレイヤーの皆様からリクエストをお寄せいただいた様々な設定を選択できます。

  • 装備レベルなし:アドベンチャー全体を通して同じ武器をカスタマイズ・保持します。レア度とアイテムレベルが無効になります。
  • リアルなアイテム回収:敵の武器を回収し、武器を交換していくリアルな戦闘を体験できます。ギアはミッション、リワード、クレートから入手できます。
  • メインウェポン所持数:メインウェポンの所持数を1と2から選択できます。TU 1.1.0でプレリリースされた設定ですが、今回の「ゴースト体験」で正式実装されます。
  • リロード時の弾薬ロス:マガジンを替えると残弾が失われます。
  • スタミナレベル:消費するスタミナを調整します。
  • 包帯所持数:所持可能な包帯の数量を設定します。
  • 負傷リスク:敵の弾丸に当たった際に負傷する頻度を設定します。
  • 体力の自動回復:体力の自動回復を「なし」~「高速」の間で設定します。
  • 新たなHUD設定:以下のHUD設定が新しく追加されました。
    • ミニマップ最小化:マップを小型化し、表示される情報も減らします。
    • 回収アイテム通知最小化:回収アイテム通知の表示を小型化します。
    • 3D回収アイテム最小化:3D回収アイテムのドロップを小型化します。
  • 非公開モード:エレホンではストーリーキャラクターとCO-OP中のチームメイトのみ遭遇するようになります。
  • マリアの店へのアクセス:野営地でもマリアの店を利用できるようにするか、エレホンのみにするかを選択します。

イマーシブモードにおける完全死については、多くの質問をお寄せいただいておりますが、完全死の設定は「ゴースト体験」には含まれないため、同モードで完全死が強制的にオンになることはありません。

難易度設定

GRB GE ArcadeSimu

イマーシブ体験とレギュラー体験は、どの難易度でもプレイ可能であり、難易度設定も調整可能です。「ゴースト体験」では、難易度設定を以下の2種類に分けました。

  • 難易度 – 敵:敵の発見速度、敵の攻撃から受けるダメージ、敵の戦術を設定します。

    敵の難易度設定は、今までの難易度設定と同様にイージー、ノーマル、アドバンス、エクストリームから選択できます。

    イマーシブ体験とレギュラー体験のどちらも、敵の難易度はデフォルトでノーマルに設定されています。

  • 難易度 – タクティカル:メインウェポンのスロット数、包帯所持数、負傷リスクなど、リアリズムに影響する要素を設定します。

    タクティカル難易度設定は、以下の4つから選択できます:ルーキー、スタンダード、ベテラン、エリート

    例として、エリートを選択した場合、以下がデフォルトの設定となります。

    • メインウェポンのスロット数:1
    • 包帯所持数:少量
    • 負傷リスク:常時
    • スタミナ消費:早い
    • 体力の自動回復:なし
    • リロード時の弾薬ロス:オン

    レギュラー体験はデフォルトでタクティカル難易度(スタンダード)に設定されているのに対し、イマーシブ体験はタクティカル難易度(ベテラン)となっています。

設定は常に変更可能

モードまたは設定は、選択したあとも常時変更できます。自分にぴったりのモードを楽しめるよう、様々な設定を試してみましょう。

GRB GE soloweapon

味方部隊とのプレイ

カスタムモードを通じて選択した設定は、CO-OPのチームメイトには適用されません。

難易度の選択と同様、ここでの設定はセッション特有のもので、自分にのみ適用されます。どのオプションを選んでいた場合も、フレンドの選択に影響を受けることなく一緒にプレイすることが可能です。

装備レベルの設定

装備レベルを有効化

この設定を有効化することにより、現在と同様の仕組みでゲームをプレイできます。

  • 装備のレベル:武器やギアにレベルが適用されます。レベルが高いほど装備が強力になり、レベル状況は装備レベルが無効の際にもセーブされます。

  • 回収アイテム / ストック / 装備:チェスト、マリアの店、倒した敵から装備を回収できます。装備内に所持している武器やギアは自由に変更可能です。

  • 設計図(ショップ):設計図があれば、自分の装備レベルに見合った特定の武器をマリアの店で購入できます。

装備レベルを無効化

装備レベルの設定を無効化することにより、以下の要素が発生します。

  • ユニークな武器モデル:武器モデルはそれぞれダメージ、連射速度、射程距離などの特徴が異なります。自分のプレイスタイルに合わせて互換性のあるアタッチメントを装着しましょう。

  • 武器の回収:倒した敵が使用していた武器カテゴリーに属する武器を落とします。それらを手持ちの武器と交換できますが、持ち運べる武器の数には制限があります。

GRB GE RealistLoot

  • 設計図(「装備」):設計図があれば、ビバークまたはエレホンで特定の武器を装備できます。

モードの切り替え

装備レベルのオン / オフを切り替えたあと、次回に装備レベルをオン / オフしたときのために装備の設定が保存されます。

装備レベルのデータは、ゲームの進捗およびワールド内で行った行動(例:倒した敵、クリアしたボス、完了したクエスト)に基づいて引き続き追跡され、装備レベルの設定を有効に戻した場合に相当する装備レベルでプレイできるようになっています。

ゴーストウォー & タイタン計画

レイドおよびゴーストウォーでは、装備レベルが継続して使用されます。装備レベルのオン / オフを切り替えた際、現在の装備が複製されます。

タイタン計画

タイタン計画は、装備レベルを有効化しているときのみ利用できます。また、レイドを利用中はいくつかのPvE設定が変更されます(「難易度 – 敵」、「難易度 – タクティカル」、「探索モード・ガイドモード」)。

ゴーストウォー

ゴーストウォーに参加する際、装備レベルの設定が自動で有効化され、いくつかのPvE設定が変更されます(「難易度 – 敵」、「難易度 – タクティカル」、「探索モード・ガイドモード」)。

PvEを再開すると、設定はゴーストウォー参加前に選択していたものに戻ります。

ゴースト体験のこれから

こちらの今後の動向に関するメッセージでもお伝えした通り、今回のアップデートは最も複雑にして挑戦的なものです。リリース後も皆さんからのフィードバックに積極的に耳を傾け、発生するあらゆる重大な問題に対し優先的に対応していきたいと思います。

皆さんのご意見に基づき構築した「ゴースト体験」を、「ゴーストリコン ブレイクポイント」の新しいモードとしてポストローンチを行うあいだ発展させ続けたいと願っています。

「ゴースト体験」は3月24日にリリース予定です。プレイした皆さんの反応やご意見を楽しみにお待ちしています!